機能性ディスペプシアの治療をしよう|進化する治療法がテキメン

多くの原因

咽頭がんの主な原因

男女で順位が違いますが、肺・胃・大腸がんが部位別のがん死亡率のトップ3となっています。がんの中でも咽頭がんは発症件数が少なく、耳にする機会もあまりないかと思います。しかし咽頭がんは、年々増加しており、ある生活習慣を持っている人にとっては発症率の高い病気と言われています。その生活習慣とは、喫煙と飲酒です。咽頭がん患者の96%は喫煙者であり、喫煙が咽頭がんの原因として大きなものとされています。統計により数値は異なりますが、昔から男性の発症率が女性と比べて圧倒的に高く、これは男性の方が飲酒・喫煙率が高いことが原因とされています。

予防法

喫煙の状況を見た場合、たばこの値上げや近年の健康志向から全体的に喫煙者自体は減ってきているので、全体的な発症数は減少するのではないかと言われています。ただし、これまで咽頭がんの発症率は男性の方が圧倒的に高かったのですが、近年女性の喫煙・飲酒が増えてきたことから、女性の発症率は高くなることが懸念されています。また、飲酒・喫煙以外にも、刺激の強い食べ物も咽頭がんの原因とされており、食生活の変化なども問題となっています。 咽頭がんは他のがんよりも、その原因がはっきりしている病気です。飲酒や喫煙といった生活習慣を改め、食事も刺激物や過度に熱いものを避ける、それだけでかなりの確率で発症を避けられると言われています。