機能性ディスペプシアの治療をしよう|進化する治療法がテキメン

可能な年齢

骨肉腫を治す

骨肉腫は、骨にできるがんのひとつです。同じように骨にできるがんにはユーイング肉腫や軟骨肉腫がありますが、特に10代の中高生の肩や足に多くみられるのが骨肉腫の特徴です。 治療は手術療法と抗がん剤による化学療法に大きく分けられます。近年の化学療法の発達により、手術と化学療法を併用することが増えています。手術には切離断術と患肢温存術があります。切離断術は手足を切断したり関節から切り離したりして、がんのある腕や脚ごとがんを取り除く方法です。以前はこの方法が主流でしたが、最近では患肢温存術の方が標準的になっています。患肢温存術は、がんのある部分だけを取り除いて手足を残す方法です。X線やCTなどでより正確にがんの場所と範囲を判断する必要があります。また多くの場合、手術の前と後に抗がん剤などによる化学療法を行い、がんの転移を抑制します。患肢温存術と化学療法の併用により、手足を切らずに完治させられる可能性が高くなってきています。

治療にはお金がかかる

また18歳以上であっても高額医療制度があるため、費用が一定額を超えると自己負担が免除されます。 また、病院によっては、手術の際に液体窒素を使った凍結療法を選択することができます。凍結療法は先進医療に分類されているので、治療費がかかりません。ただしこの治療は指定されたいくつかの病院でしか受けられないので注意が必要です。また病院の説明をしっかりきいてリスクなどを理解しなければなりません。 このように、骨肉腫に対しては高額な医療費を払わなくても治療を受けることができます。がん保険に入っていないから、お金がないからと治療をあきらめる前に、一度病院に相談すると良いでしょう。