機能性ディスペプシアの治療をしよう|進化する治療法がテキメン

症状を緩和

ストレス性胃腸炎が注目

みぞおちの痛みや食欲不振などの症状が現れるストレス性胃腸炎の場合には、内視鏡検査を行ってもこれといった異常が見つからないこともあります。これまでこういったタイプのストレス性胃腸炎は、神経性胃炎といった病名で呼ばれることが多かったのです。原因にストレスが関わっていること以外は明確な原因が分からず、具体的なアプローチ法が見つからない場合も少なくありませんでした。昨今ではこういったストレスが原因で起こるストレス性胃腸炎を、機能性ディスペプシアと呼んでいます。この病気では、胃潰瘍のような器質的な問題がないため、治療では胃の過敏症状を抑える薬や消化を助ける薬などが使われるのです。最近ではこの機能性ディスペプシアと呼ばれるストレス性胃腸炎が大きな注目を浴びています。

生活習慣の改善が治療の柱

こういった機能性ディスぺプシアには、普段の生活習慣が深く関わっているとされています。食生活の乱れや暴飲暴食など、食事の問題でも機能性ディスペプシアを引き起こしやすくなるとされているのです。甘いものや刺激物の過剰摂取や早食いは胃にとっても大きなストレスを与えます。睡眠不足や食事を抜くことも胃腸の機能を乱す原因となるのです。従って、現在では生活習慣を改善することが機能性ディスペプシアの治療では特に重要視されています。今後は

新着情報

可能な年齢

骨肉腫の治療にあたっては様々な治療費の補助を受けることができます。骨肉腫を発症するのは10代から20代がほとんどであり、「小児慢性特定疾患」に指定されているため、18歳未満の場合は治療費の給付を受けられます。

もっと詳しく

病院での治療

咽頭がんを始めとするがんは、病院で適切な治療を受けないと、命に関わる可能性が非常に高いです。そのため、病院で治療を受けるのが基本となります。その為の治療費は大きく掛かるでしょう。

もっと詳しく

新着情報

多くの原因

日本人の死因のトップは悪性新生物、いわゆるがんです。日本人の3人に一人はがんで死亡しているとも言われています。がんに対して、多くの人が予防を心がける必要があるといえるでしょう。

もっと詳しく

↑ PAGE TOP